エアープランツ(チランジア)に適した栽培環境

エアプランツの画像 エアプランツの画像

エアプランツの画像 エアプランツの画像


 ●このページでは、エアープランツ(チランジア)に適した栽培環境についてご紹介しています。


エアープランツ(チランジア)の画像

 ●エアープランツ(チランジア)に適した栽培環境

 ●このページでは、エアープランツ(チランジア)に適した栽培環境についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧頂けます。どうぞご利用ください。


 一般的な草花を鉢植えで育てる場合、どうしても植木鉢が置ける場所という置き場所の制約が生じてきます。それに対して、エアープランツ(チランジア)は、根から水分や養分を吸収する植物ではないので、一般の草花のように、生育のための土や植木鉢は必要ありません

 生育のための土が必要ないエアープランツ(チランジア)は、ワイヤーフレームのようなものにちょこんと乗せておいてもOKですし、机やテーブルの上にさりげなく転がしておいても大丈夫。品種によっては、壁や天井から吊るすのもいいですし、バスケットに入れておくだけでもちゃんと育ちます。



 たとえば、お洒落な額縁に貼り付けて立体絵画のように楽しむなんていうことも、土や鉢の要らないエアープランツ(チランジア)ならではの楽しみ方といえるでしょう。

エアープランツ(チランジア)なら、ふつうの鉢植えの草花では実現できない、おしゃれなインテリアとしてのアイデアを好きなだけ楽しむことができます。

 とはいえ、エアープランツ(チランジア)もれっきとした植物、生き物ですから、苦手な場所や、苦手な環境もいくつかあります。ではエアープランツ(チランジア)には、どんな場所が適しているのか、また苦手なのかについて具体的にご紹介して「みましょう。


 ●エアープランツ(チランジア)に適した栽培環境

 まず、エアープランツ(チランジア)は、一年を通して、できるだけ10℃以上保てる場所に置いてあげましょう。これは、育てる品種によっても幅がありますが、基本的にエアープランツ(チランジア)が気温の高い中南米を原産とする植物であることから来ている生育上の条件で、10℃を大きく下回るような環境は苦手です。

 もちろん、夜間の気温が急激に低下するアンデスの高山地帯や、砂漠地帯に自生している品種であれば、一時的な低温にも耐えることはできますが、極端な低温が長く続くとやはり弱ってしまったり枯れたりといったことが起こります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

(観葉)エアープランツ(品種おまかせ)(1株)
価格:540円(税込、送料別) (2016/7/31時点)


 ●エアープランツ(チランジア)の多くは、明るい環境が好き

 エアプランツ(チランジア)の多くは、陽当りの良い明るい環境を好みます。

 室内で楽しむ場合は、基本的に明るい窓辺のような環境をイメージして置き場所を選んでいただければ大丈夫です。ただし、真夏の西日は避けたほうがいいでしょう。

 また、空気の流れが滞りがちな環境に長く置くと次第に弱ってきますので、風通しを工夫するか、時々戸外に出して風に当ててあげましょう。冬場は、できるだけ明るい窓辺近くになどの暖かい環境を用意してあげてください。

多彩な個性を持つエアープランツ(チランジア)の品種の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 ●当サイトでは、エアプランツ(チランジア)の様々な品種と、楽しい育て方、楽しみ方をご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク



エアープランツ(チランジア)の楽しい育て方

エアープランツ(チランジア)の不思議な生態エアープランツ(チランジア)の種類と特徴
エアープランツ(チランジア)の育て方エアープランツ(チランジア)の水やり
エアープランツ(チランジア)の栽培環境エアープランツ(チランジア)の花の咲かせ方
エアープランツ(チランジア)を鉢植えで育てるには

スポンサーリンク


●エアープランツ(チランジア)栽培関連用品

エアープランツ(チランジア)の通販カタログエアープランツ(チランジア)関連本カタログ
エアープランツ(チランジア)関連用品カタログ

 
 

金魚の飼い方・育て方

Copyright(C)エアープランツ(チランジア)の楽しい育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system