エアープランツ(チランジア)の育て方

エアプランツの画像 エアプランツの画像

エアプランツの画像 エアプランツの画像


 ●このページでは、エアープランツ(チランジア)の楽しい育て方についてご紹介しています。


エアープランツ(チランジア)の画像

 ●エアープランツ(チランジア)の育て方

 ●このページでは、エアープランツ(チランジア)の楽しい育て方についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧頂けます。どうぞご利用ください。



 エアープランツ(チランジア)には、個性豊かな品種が数多くあります。どの品種を育てるにしても、エアープランツ(チランジア)の基本的な扱い方や育て方のコツを知っていれば安心です。

 では、エアープランツ(チランジア)の基本的な扱い方や育て方、コツについてご紹介してみましょう。(それぞれのポイントについてのさらに詳しい解説は、本文下のリンクからご覧ください)

●ポイント1:エアープランツ(チランジア)の水やり

 エアープランツ(チランジア)は、空気中に含まれる水分を葉の裏側にある器官から取り込んで利用しています。そのため、チランジアの水遣りは、葉の裏側を中心に霧吹きなどで濡らし、戸外の風通しの良い半日陰で自然乾燥させるという方法で行います。

 ただし、このとき、葉の付け根などに水が溜まると株が腐ってしまうことがありますので、葉の裏側に水を与えたら、軽く振って水気を飛ばしてから自然乾燥させるのが、エアープランツ(チランジア)の上手な水遣りのコツです。


●ポイント2:エアープランツ(チランジア)の栽培環境と生育適温

 エアープランツ(チランジア)は、品種によっても多少違いますが、もともと中南米の熱帯・亜熱帯地域や、アンデスの高山地帯などに自生している植物です

 そのため、気温10℃以上の風通しの良い明るい半日陰のような場所に置いて育てるのが基本です。

 日当りに関しては、ほとんどの品種が、午前中は直射日光があたる場所でも大丈夫ですが、午後からは明るい半日陰のような場所、もしくは室内の窓辺付近の明るい場所に置くほうが適しています。

 また、エアープランツ(チランジア)は、まったく風のない場所に長く置くと生育が弱まる傾向がありますので、室内で育てる場合でも、できるだけ風通しの良い場所に置くか、時々戸外に出してできるだけ風を浴びさせるようにしましょう。


多彩な個性を持つエアープランツ(チランジア)の品種の一覧は、こちらからご覧いただけます。



 ●当サイトでは、エアプランツ(チランジア)の様々な品種と、楽しい育て方、楽しみ方をご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク



エアープランツ(チランジア)の楽しい育て方

エアープランツ(チランジア)の不思議な生態エアープランツ(チランジア)の種類と特徴
エアープランツ(チランジア)の育て方エアープランツ(チランジア)の水やり
エアープランツ(チランジア)の栽培環境エアープランツ(チランジア)の花の咲かせ方
エアープランツ(チランジア)を鉢植えで育てるには

スポンサーリンク


●エアープランツ(チランジア)栽培関連用品

エアープランツ(チランジア)の通販カタログエアープランツ(チランジア)関連本カタログ
エアープランツ(チランジア)関連用品カタログ

 
 

金魚の飼い方・育て方

Copyright(C)エアープランツ(チランジア)の楽しい育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system